東京都・埼玉県排出量検証業務 ほか

  • サービス
  • 価格表
  • お申し込み・業務の流れ
  • Q&A・お役立ちリンク

東京都/温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度とは

2008年度の東京都の条例改正において、既存の地球温暖化対策計画書制度が強化され、温室効果ガス排出量の総量削減義務と排出量取引制度が導入されることになりました。
この制度においては、対象事業者が都へ自らの温室効果ガス排出量を報告する場合、もしくは、排出量取引を行う場合には、検証機関の検証を受けることが必須となります。
ビューローベリタスは、東京都環境確保条例「温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度」(以下「東京都排出量取引制度」)の登録検証期間として以下の区分について、東京都の登録を受けています。

登録区分:
・特定ガス
・基準量
・優良事業所基準への適合(第一区分事業所)
対象事業所:
燃料・熱・電気の使用量が、原油換算で1,500kl以上の都内事業所

埼玉県/目標設定型排出量取引制度とは

埼玉県は2009年2月に策定した埼玉県地球温暖化対策実行計画において、「温室効果ガス排出量を2020年度までに2005年度比で25%削減する」という目標を掲げ、2011年度より目標設定型排出量取引制度を導入しました。
対象となる事業所は、埼玉県へ自らの温室効果ガス排出量を報告する場合、もしくは、排出量取引を行う場合には、検証機関の検証を受けることが必要になります。
ビューローベリタスは当制度において埼玉県登録検証機関として、トップレベル事業所検証を含む検証業務を行います。

登録区分:
・目標設定ガス
・基準量検証
・優良事業所基準への適合の検証(第一区分事業所)
対象事業所:
燃料、熱および電気の使用量が、3ヵ年連続して原油換算で年間1,500kl以上の埼玉県内の事業所

ビューローベリタスの検証報告のメリット

1. 安心確実な点検、報告業務

世界140カ国、7万人以上スタッフを有する、
世界最大級の第三者民間検査・認証機関のビューローベリタスが信頼性の高い検証業務を実施いたします。
GHG(Green House Gas)業務の専門性を兼ね備えた経験豊富な検証員が在籍しており、高い検証品質を確保しております。
設備設計一級建築士、建築設備士、エネルギー管理士等の資格保有者である建築設備・省エネルギーの専門性を持つ
検証人23名が対応します。 特定ガス・目標設定ガスの検証実績件数は約100件/年の実績があります。
京都メカニズム指定運営組織(DOE)として培った多数の温室効果ガス排出検証手法を駆使してトップレベル 事業所検証業務(詳細pdf)、Gap調査業務(詳細PDF)も行います。

2. 東京都・埼玉県(条例で規定)での業務対応

条例で規定されている東京都と埼玉県の事業所を対象に検証を実施いたします。
都外クレジット、県外クレジットについては、全国の事業所を対象に検証を実施いたします。(詳細PDF

3. 多様なサービスの展開

排出量検証業務と同時に、
特定建築物、建築設備定期報告業務、省エネ法定期報告業務、GHG関連サービスISO9001ISO14001など
マネジメントシステム審査サービス、CSRレポートのデータ検証防災・防火・消防設備点検業務
CASBEELEED等の環境評価、エンジニアリングレポート、建物劣化調査等、カスタマイズによる各種サービスを提供しております。

4. バリュープライスの提供

さまざまなGHGサービス展開の規模を活かしバリュープライスを提供いたします。
また、さまざまなサービスをまとめて実施させていただくことで、ムダを削減。トータル管理のバリュー価格を検討させていただきます。
価格につきましてはご相談ください。

東京都・埼玉県排出量検証ほか
  • メール・FAXでのお見積・お申し込みフォーム

    専用フォームにご入力の上、メールに添付
    もしくはFAX(03-3438-3410)にて送信してください

page top